乳がんステージ4を克服した食事療法で卵巣がんも克服

がん食事

入院と手術

【乳がん】ステージ4克服までの道のり〜FEC療法の副作用と1日の過ごし方

更新日:

Consultation

がんが大きすぎて手術を受けることはできず、体の中にがんがある状態でFEC療法を受けることになりました。不安も大きい中、副作用がきついFEC療法をどのように乗り越えたのか?副作用の症状や1日の過ごし方を時間とともにまとめました。

化学(薬物)療法前半

乳がんを患ったとわかった時、がんが大きくなりすぎていて手術ができなかったため化学療法(抗がん剤治療)を先に受けました。

がん発覚から克服までの大まかな流れはこちら↓の記事にまとめています。

抗がん剤治療は前半と後半で薬の種類が異なりました。

抗がん剤治療

  • 前半4回・・・FEC療法
  • 後半4回・・・ハーセプチン療法+ドセタキセル療法

この記事は、抗がん剤治療前半のFEC療法についてのお話です。

FEC療法の副作用の症状が大きく、食事がとれないことも多々ありました。

食事がうまくとれない時は、ジュースで栄養補給したり、ジュースが難しい時でも水はこまめにたくさん飲むことを心がけました。

治療回数が増えるたびに副作用も大きくなり、起き上がることもままらなず、多くの時間を横になって過ごしました。

治療をやめたい……

苦しくて弱音を吐いてしまうこともありましたが、治療は必ず終わる日がくると信じて、ただただ副作用が大きくて辛い時間が過ぎることを祈りました。

どんなに辛くても絶対にあきらめないと決めて、1分1秒、体を蝕んでいっているがんと戦うために、その時の体調でできることに一生懸命取り組みました。

生活のポイント

FEC療法をうまく乗り越える生活のポイントとして以下の10個のことを心がけていました。

  1. 栄養をしっかりととる
  2. スマイル
  3. 水分補給(2L強)
  4. 手洗い
  5. うがい
  6. マスク着用
  7. 歯磨き
  8. 入浴
  9. 手袋着用
  10. 保湿クリーム
  11. 質の良い睡眠をとる

どのように気を付けていたかという具体的な方法については、こちら↓の記事に詳細がございます。

FEC療法の副作用と体調変化

副作用が大きく、食事がまともにとれなくなったため、体重が大幅に減少しました。

体重変化:57kg → 45kg(12kg減

FEC療法の主な副作用

①過敏症 ②食欲不振・吐き気・嘔吐 ③末梢神経障害 ④関節痛・筋肉痛 ④白血球減少 ⑤赤血球減少 ⑥血小板減少 ⑥口内炎 ⑦脱毛 ⑧便秘 ⑨下痢 ⑩血管痛・静脈炎 ⑪手足症候群 ⑫色素沈着 など

副作用の中で、特に重症となり大変だと感じたものはこちらでした。
④白血球減少
⑥口内炎

白血球減少

白血球減少により、体の免疫力が弱くなり菌に感染しやすくなります

どの程度白血球が減少するかは人にもよりますが、私はとても少なくなり、免疫力が極度に落ちてしまいました。

そのため、治療開始わりとすぐに高熱が出てしまい、緊急で病院へ行き治療をしてもらいました

これ以来、熱が出ることが怖くなり、感染には細心の注意を払いました。

それでも徹底できていなかったためか、具合が悪くなり夜中に病院へ行かなければならないことが数回ありました。

口内炎

口の中に、大きな半月型の口内炎が複数できました。

「乳がんの抗がん剤の副作用の特徴でもある」と聞くほど、口内炎に悩まされる患者さんは多いようですね。

このため、たとえ吐き気が少しおさまってお腹が空いた感覚になったとしても、口の中が痛すぎて固形物が食べられないという状況に陥ることが多々ありました。

お豆腐ですら激痛が走るほどの症状となってしまい、とても辛い思いをしました。

こういう時は、特にジュースの存在が大変ありがたいです。

具体的にどのように食べていたかという対処法を以下の記事にまとめておりますので、同じようにお悩みの方のご参考になれば幸いです。

FEC療法1日の過ごし方

スマイル」が最大のポイントだと思います。

smile

がんが手術で取り除けず、「抗がん剤でがんが小さくなるとは限らない」と言われていたため、自分の力でもがんを小さくする必要がありました。

なんとしてでもがんを小さくするしかないのです。命かかってるので。本気で!!

がんをやっつけてくれるナチュラルキラー細胞は、笑うと活性化されるそうなので、スマイル、スマイル、スマイル!!!ひたすらスマイル!!!

くよくよしている暇があるならスマイル(^O^)

こうして過ごした1日は……

1日のタイムスケジュール

7:00
目覚め ⇒ 検温
起床
洗面台の鏡の前で自分の顔を見て「おはよう!!」と作り笑顔。口角を上げる
手洗い・うがい・洗顔
顔をタオルで優しく抑えるように拭く。もう一度スマイル(つらくても鏡を見て、無理矢理でも口角上げする)
化粧水・乳液を付ける

7:30
水を100cc ゆっくりと飲む
休憩

8:30
健康ジュースを準備

9:00
うがい・スマイル
健康ジュースを飲む
うがい・スマイル
休憩

9:30
手洗い・うがい・スマイル
朝食を準備

10:00
うがい・スマイル
食事
歯磨き・うがい・スマイル
休憩
後片付け
休憩

11:30
手洗い・うがい・スマイル
健康野菜ジュースを準備

12:00
うがい・スマイル
健康野菜ジュースを飲む
うがい・スマイル
後片付け・休憩

13:15
手洗い・うがい・スマイル
昼食準備
うがい・スマイル
食事
歯磨き・うがい・スマイル
休憩
後片付け
休憩

15:30
うがい・スマイル
おやつ(飲み物・果物)

16:00
入浴(シャワーが限界)シャンプーやボディソープはなでる程度
※常在菌でさえ身体に負担がかかり、とにかく清潔に保つようにと看護師から言われていたため、なるべく毎日入浴する努力をしました。
湯上り後、顔に化粧水・乳液、体は保湿クリームをぬる
うがい・スマイル
飲み物
休憩

18:30
手洗い・うがい・スマイル
夕食準備
うがい・スマイル

19:15
食事
歯磨き・うがい・スマイル
休憩
後片付け・休憩

20:30
就寝準備

21:00
うがい・スマイル
就寝

まとめ

時には気持ちが負けそうになりますが、こうしている間にもがんが体を蝕んでいっていると思うと、くよくよしている暇なんてありませんでした。私に残された時間が短いかもしれない、できることを全力で取り組んでなんとかその時間を伸ばしていきたい!と強く思い、ひたすら笑って、笑顔を作る時間を増やしました。最終的にはがんを克服することができました。これからも希望を持ち続け、笑顔で免疫力をアップすることを忘れずに生きていきたいと思います。

-入院と手術
-, ,

Copyright© がん食事 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.