乳がんステージ4を克服した食事療法で卵巣がんも克服

がん食事

profile

プロフィール

こんにちは!
サイトにご来訪いただきありがとうございます。

がん食事の執筆&運営をしているCocoa(ココア)と申します。

健康と笑顔をモットーに生きていきたい♪

その材料となる備忘録を執筆しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

♡Cocoa(ココア)の自己紹介♡

31歳で卵巣がんになりました。

卵巣がんは気付かず広がるサイレントキラー。

その名の通り、自覚症状なしに
すでにがんがお腹に散らばっている
と言われる状態で発覚しました。

病状はこんな感じです。

  • 卵巣がんの大きさは6cm
  • 子宮に転移あり
  • 腹膜播種(ふくまくはしゅ)が複数あり

ステージ3と宣告され、
手術→TC療法(カルボプラチン・パクリタキセル)

がんを大きく2つのグループに分けると
・良いがん
・悪いがん
Cocoaのがんは、悪いグループに入るらしいです。

手術後、カルテをのぞきこむとⅡbの文字が書かれていたため
正しくは、卵巣がんⅡbなのだと思います。

乳がんを克服した母(Kinaco)の実績を信じて、
同じように食事療法に取り組んでいます。

〜現在は〜
全ての治療が終了しました。
再発をしないことと
骨粗しょう症予防
などに力を入れる日々を送っています!

♡Kinaco(きなこ:Cocoaの母)の紹介♡

53歳で乳がんになりました。

ある日突然、右上半身に激痛が走り病院へ。
右胸に3cm程度のしこりがあることがわかり、
万が一の病気にそなえてスタミナをつけようと
牛肉や豚肉を中心とした食生活に切り替えました。

なぜか2週間ほどでがんの大きさは倍になっており、
乳がんステージ4と宣告されました。
(→のちにこの食生活はダメだったのではと思うきっかけに。)

大きい病院へ転院し、詳しく調べたところ
局所進行乳がん6.4cm、腋窩(えきか)リンパ節転移(2.6cm、1.6cm)などと腫大しており、胸筋にも転移があることが発覚しました。
HER2 陽性

原発巣変形した子ども、さらに孫の代まで
がんができていると言われました。

がんが広がりすぎていたため、手術は不可、延命治療

FEC療法→ハーセプチン療法+ドセタキセル療法→手術(乳房全摘出)

抗がん剤治療と併用して食事療法に励んだところ、
主治医が驚くほどがんが小さくなり手術ができる体になりました。

さらに驚くことに!!
手術後の細胞診で確認できたことは
リンパ節の「がん細胞が消えていた」。
この食事療法は自分の体に適していると確信した瞬間でした。

〜現在は〜
「延命治療」と言われたものの
手術後は独自の食事療法のみ。

病院での追加治療もなく、
年2回の定期検診のみで
元気に毎日を送っています!

長文お付き合いいただきましてありがとうございます。
初めてご来訪された方は、こちらのページもご一読いただけると幸いです。

更新日:

Copyright© がん食事 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.