必需品

抗がん剤治療の脱毛〜病院で聞いた低刺激シャンプーで頭皮トラブルを解決

更新日:

bodysoap001

抗がん剤の脱毛時期に頭皮がピリピリと痛んだり、薬の影響でいつもと違う汗や匂いが発生するだけでなく、湿疹が出るといった厄介な頭皮トラブルに陥ることがあります。治療中に病院で教えてもらったシャンプーがとても良かったためご紹介したいと思います。

お湯で流すだけでは清潔に保てないのか?

こんにちは、Cocoaです。

サイトへのご来訪ありがとうございます。

31歳で卵巣がんになり、抗がん剤治療で脱毛しました。母も乳がんになり、同じように脱毛時期がありましたので、2人の体験から抗がん剤治療の脱毛時期にオススメするシャンプーについてまとめました。

そもそも、シャンプーは必要なのでしょうか?

抗がん剤により髪が抜けます。髪を洗う必要がなくなります。

顔を洗う時に洗顔でそのまま頭も洗って良いのでは?

と思うかとしれません。
私もまさに必要ないのではと思っていました。

しかし、
体と頭皮の皮脂量も違うため、脱毛後も頭皮はシャンプーで洗うことが好ましいそうです。

私は完全に抜けたというよりも若干髪が残ってしまったこともあり、シャンプーは欠かさず使用していました。
※抗がん剤治療を繰り返していくうちにほとんど抜けましたが、襟足部分だけは最後までほんの少し残りました。

抗がん剤の影響で元気な時とは異なる頭皮環境になるため、それにあったシャンプーの選び方が重要となってきます。

抗がん剤による頭皮の変化

scalp trouble

抗がん剤治療の副作用によって敏感肌になり、今まで何の違和感もなく使用できていたシャンプーでさえもヒリヒリと痛みが発生して使えなくなってしまうことがあります。

今まで使用していたシャンプーで問題なし!という方は、そのまま使い続けても良いかもしれませんが、病院では以下のようなことを聞きました。

「脱毛時にピリピリとした痛みが出る人が多いですよ。」

言葉通り、母も私も脱毛時期にピリピリとした痛みが発生しました。

また、時々頭皮に吹き出物が出ることがあったり、柔らかい皮膚の部分に発疹が定期的に出ました。(副作用の周期によるものでしょう。)

↓脱毛時期や準備しておくと便利なものについても記事もございます。

頭皮のトラブル

抗がん剤の影響は頭皮にも及び、私には以下のような症状が現れました。

  • 発疹ができる
  • 敏感になりヒリヒリする
  • いつもと違う汗や皮脂
  • いつもと違う匂い

脱毛について、ほぼ全ての髪が毛根の部分からごっそり抜けます。

ですので、毛根部分に汚れがたまったり、その部分で炎症が起きてただれたり発疹が出たりひどくなったりすることがあるようです。

このようなトラブルを解決するために、抗がん剤治療で脱毛した方のための専用シャンプーというものがあります。

店頭販売している商品からネットで注文できる商品まで、様々な種類がありますが、ただでさえ抗がん剤という強い薬が体に入っているため、シャンプー選びに失敗してこれ以上苦しみたくありませんでした。さらに、頭は顔にも近くて服で隠れる部分ではないので、トラブルで大変なことになったらどうしようという不安もありました。

そこで、一番安心なのは、病院で医師や看護師や薬剤師にオススメのシャンプーを教えてもらうことだと考えました。

実際に病院や薬局で相談すると、いくつか商品を紹介してくれて、ものによってはサンプルがありましたので色々と試して自分にあうシャンプーを選びました。良いシャンプーが見つかったため、頭皮トラブルは最小限におさえられたような気がします。

ということでここからが本題!
オススメのシャンプーの話にうつらせていただきます。

shampoo

オススメのシャンプー

私が抗がん剤治療でも頭皮の痛みがなく使えたシャンプーは、持田ヘルスケア株式会社の「コラージュフルフルネクスト」です。

コラージュフルフルネクストは、病院で勧めてもらったので、最初から安心して使うことができました。

抗がん剤治療で、実際にこの商品を使用している患者さんも多いとのことでした。
卵巣がんの抗がん剤で脱毛した私も、乳がんの抗がん剤で脱毛した母も、このシャンプーを使い始めて以来、治療後しばらく肌が敏感な時期も含めて頭皮トラブルで悩むこともなく、1年近く安心して使い続けることができました

コラージュフルフルネクストシャンプーのシリーズには2つのタイプがあります。

  • すっきりさらさらタイプ(ケースが青白)
  • うるおいなめらかタイプ(ケースが赤白)

私は、乾燥を防止せねばならないと思い、うるおいなめらかタイプの方を使用していました。(試供品で「すっきりさらさらタイプ」を使用しましたが、こちらでも問題はなかったように感じます。)

メリット

・薬用
・低刺激性
・無香料
・無色素

そして、最強ポイントがこちら!!
ミコナゾール硝酸塩」を配合

ん?よくわからないですけど。笑

ミコナゾール硝酸塩というのは、頭皮のカビであるフケ原因菌の増殖を抑える働きがあるとのこと。

つまり、フケやかゆみの原因の一つとなる菌の増殖を抑えられるんですね。
ということは、副作用中にむやみに頭皮をかいてしまって傷口から感染するというリスクを軽減できる!

なんてありがたい商品なのでしょう。

この成分、日本で初めてシャンプーとリンスに配合されたのが、コラージュフルフルネクストなんですって。

でも、低刺激性とはいえ、やっぱりカビを抑えるための抗真菌成分が配合されているってことはある程度刺激があるのでは?本当に皮膚が耐えられるのかな?

と気になりましたが、痛くなることは全くなく、フケやかゆみも出ませんでした

頭皮の匂いを防ぐ成分も配合されているようで、気になることは全くありませんでした。
他のシャンプーでも同じように感じていたのかもしれませんが、このシャンプーだったからこそ頭皮のかゆみに苦しむことがなかったのかもしれません。

ちなみに、髪がまだ多い時はコラージュフルフルネクストのリンスも使用していましたが、たくさん抜けてしまったあとは使用をやめました。

デメリットはお値段です。
200ml1,700円ぐらいするので、最初はなかなか手が出せませんでしたが、頭皮トラブルで悩むことがなかったことから、1,700円出した価値は十分あったと思います。

とはいえ、高いですよね(汗)

ですので、使い終わったら詰め替えを購入して使用しました。

※詰め替えは280mlですので、全て詰めようとしたら400mlのボトルを購入する方が良いかもしれません。

【余談】ちょっとした節約
ボトルだけ百均などで別の物を購入しても良いかもしれません。
私は、200mlのコラージュフルフルネクストボトルをまず購入して、そこに詰め替え用の280mlを2回に分けて入れていました。抗がん剤の副作用で脱毛があったため、200mlのボトル+詰め替え用280mlで量的には間に合いました。

欲を言えば、「泡で出てきてほしい!」です。

また、肌質は人それぞれですのでコラージュフルフルネクストがあわない方もいらっしゃるとは思います。

その場合は、プフレ泡シャンプーも病院で勧められた商品のうちの一つで、抗がん剤の脱毛のカタログにも掲載されているぐらいですので、安心して使用できるかもしれません。泡で出てくるのも嬉しいですね!
コラージュフルフルネクストの方が安いので、私はそちらで問題なかったのでコスト重視でプフレ泡シャンプーを継続的に使用することはありませんでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プフレ泡シャンプー (p2242) 頭皮ケアシャンプー 200ml
価格:2916円(税込、送料別) (2018/6/22時点)

まとめ

シャンプーやボディーソープについて、以前はとにかく香り重視で選んでいました。無香料なんて楽しめなくてありえない、それに石鹸の香りとかしなくても匂いは完全に取れるのかな?と気になっていましたが、匂いの原因を根本的に解決しながら皮膚には優しい配合で清潔に保つ商品があるのですね。
香りは楽しめませんが、副作用で吐き気もあるので、その間だけは無香料しか選択肢はない!といった感じで香りがないことがこんなに良いと思ったこともありませんでした。
その時々の状況に応じて、みなさまに最適なシャンプーが見つかりますように。

あわせて読みたい

他にも抗がん剤による脱毛対策の記事がございます。

ボディケアの記事もオススメ!

-必需品
-, , , ,

Copyright© がん&食事の体験記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.