乳がんステージ4を克服した食事療法で卵巣がんも克服

がん食事

治療中の必需品

デリケートな肌に朗報。菌とカビ増殖を防ぐ!?薬用抗菌の泡石鹸がすごい

更新日:

soap bubbles

肌が敏感でボディーソープがヒリヒリすると苦痛ですよね。匂いや汚れだけでなく、カビや細菌の増殖まで防いでくれるというすごい泡石鹸を見つけちゃいました!使い始めてかれこれ1年近くなりますが、安心して使用できている低刺激の泡石鹸についてレビューします。

がん治療で敏感肌が究極に

サイトへのご来訪ありがとうございます!管理者のCocoaです。

肌質はもともと敏感肌。そして部分的に乾燥したりテカテカしたりという混合肌だったりもします。肌の悩みが絶えませんね……

それに加えて、なんと抗がん剤治療を受けることにより、敏感肌が際立って究極の敏感肌状態になってしまいました。

食器用洗剤では手が真っ赤にただれたりしていたことから、やはり元気な時に使っていて何の問題もなかったものでも、抗がん剤治療の時期はなるべく肌に優しい商品を使うように気を付ける方が良いのかもしれないと思いました。

ボディーソープも元気な時に使っていたものはヒリヒリするような感覚もあり、体の乾燥もひどくなりました。

これはまずいと思い、早めに低刺激のボディーソープを切り替えたためあまり大きな問題にはなりませんでしたが、低刺激のものですら、デリケートゾーンは、ボディーソープがつくと飛び上がるほどしみて、すぐにシャワーで流しても涙が浮かぶほど痛くなっていました。

おそらく普通のボディーソープでは大変なことになっていたのでは……

こう考えるとおそろしいです。早く切り替えてよかった(汗)

お湯で流すだけでは清潔に保てないのか?

入院中や抗がん剤治療中はとにかく乾燥に悩まされました
リンパ浮腫の予防もかねて「しっかりと保湿してくださいね。」と医師からよく注意を受けます。

抗がん剤で皮膚が弱っている上に、乾燥がひどくなると何もしていないときでさえも部分的にピリピリ痛くなることもありました。

時期によっては、ボディーソープなどを使うことができないこともあるかと思います。
皮膚に関しては、私よりも乳がんの闘病中であった母の状態が悪く、ボディーソープが痛すぎて使えずにお湯だけで過ごした日もありました。

しかし、お湯だけでは皮脂がうまく落とせないそうです

お湯と皮脂の関係は、あぶらの関係なので、なんとなくそんな気もしますね。

低刺激なら赤ちゃん用でも良い?

肌の荒れがひどい時は、赤ちゃん用のボディーソープでも大丈夫なようです。

ただ、病院で尋ねたところ、「赤ちゃんと大人は皮脂の量が違うため、できれば赤ちゃん用を使用するよりも、大人用の刺激が少ないものを選ぶことが好ましい」とのことでした。

choice

オススメのボディーソープ

まず、怪我がある場合は、傷口からの感染を防ぎましょう。

シャンプー同様にボディーソープも、持田ヘルスケア株式会社の「コラージュフルフル泡石鹸」を安心して使うことができました。

なぜコラージュフルフル泡石鹸は安心だと思ったのか?

それはまず、抗がん剤治療中に病院で勧めてもらったためです。そして、この他に教えてもらったボディーソープも含めて色々と試してみた中で、実際に肌にあっていると感じ、長く使っても肌のトラブルが起こらなかったためです。

この泡石鹸のすごいとこはココ!
ミコナゾール硝酸塩(カビの増殖を抑える成分だそうです。)と、細菌の増殖を抑える殺菌成分が入っている。

汚れだけでなく、ニオイまで落としてくれる薬用抗菌石鹸なのですね。

他にもメリットがたくさん!

メリット

・低刺激性
・無香料
・無色素
・弱酸性(人の皮膚と同じ)

部分洗いにオススメとなっている商品ですが、私はこれで全身を洗っていました。

ポンプを押すと泡で出てくるため、自分で泡立てる必要もなく、入浴時間を短縮できます。

「入浴時間を短縮」できることは、抗がん剤治療でひどい副作用が出ている時に、重要ポイントになります。
正直、元気な時には泡で出てくる必要性など考えもしませんよね。

どうしてもお風呂に入りたいけど体がとにかくキツイという時には、ほんの数秒でも時間短縮したいものです。
本当に本当に助かりました。泡となって出てきてくれてありがとー!

また、タオルやスポンジでこすると肌に負担がかかって真っ赤になってしまったので、素手で体を洗うことにしました。

泡が消えてしまってはうまく洗えないと思っていましたが、コラージュフルフル泡石鹸の泡は柔らかいのにしっかりとしていて満遍なく体を洗うことができます

洗った後にヌルヌルした感じも残らないため、肌への負担をかけずに簡単に洗い流せるという点もとても使い勝手が良いです。

デリケートゾーンの奥の方に泡がついてしまうとどうしても痛かったのですが、私は他の商品と比較した中では一番マシでした。

ケースはポンプ部分の色が水色とピンク色の2種類あり、私は水色を使用していましたが、ピンク色がデリケートゾーンなど敏感肌にとなっているため、ピンク色ならばこの痛みは解決できたのかもしれません。

お値段はやはり300ml2,500円ぐらいするのでとても高いです。

※150mlもありますが、全身に使うと消費が早いため300mlを購入し、詰め替えて使用していました。

※コラージュフルフル液体石鹸もあります。Webページでは、全身にオススメしているのは液体石鹸の方ですので、泡か液体か自分に合う方を選ぶことができます。

治療中に副作用で発疹が出てかゆみに苦しんでいましたが、このボディーソープで痛みを感じることはありませんでした。雑菌やばい菌がうまく落とせたためか、ひどくなったり跡が残ってしまうこともありませんでした。

シャンプー同様に、高くて購入にはとても勇気がいりましたが、満足できる商品でした。

頭皮のトラブルにも優れたシャンプーもありますので、↓こちらの記事もオススメです。

まとめ

読んでいただきありがとうございました。入浴タイムこそ香りを楽しみたいという場合もありますが、デリケートな肌には低刺激で安心して使えるものが一番!あなたの肌にぴったりなボディーソープが見つかりますように^^

あわせて読みたい

がん治療中の方は、乳がんの母と卵巣がんの私が抗がん剤治療の時に実際に使用していたオススメ品の記事もありますので、ご興味がございましたら参考にされてください。

がん治療の必需品一覧は>>>こちら

-治療中の必需品
-, ,

Copyright© がん食事 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.