入院と手術

【卵巣がん】TC療法9日目の副作用「指先の痺れがひどい。腹水ほぼなし」

更新日:

ascites

TC療法から9日目になると、倦怠感や痛みなどの副作用はかなり軽くなりました。指先のしびれは相変わらず残っているというかまだピークのような状態でしたが、腹水がたまらなくなってきて抗がん剤が効いてきたのかなと安心しました。人により副作用の症状が出るタイミングやその大きさは異なるようですが、体験談の1つの例として私のTC療法から9日目の体調変化や抗がん剤による副作用、1日のタイムスケジュールをまとめています。

体温や薬など

治療8日目の様子は↓こちら

1日の体温の最高と最低
高:37.1℃、低:36.9℃

1日の薬
寝る前:ネリプロクト軟膏2g(お尻用)
発疹がかゆいとき:オイラックスクリーム10%(鎮痒剤)

前日からの睡眠時間
3時間
(手先がすごくしびれるし、指の骨がズキズキうずいて痛い、2時からずっとそれが気になって眠れなかった)

1日に飲んだ水の量
1.4L(2Lを目標にしているのですが、なかなか難しいです。せめて1.5Lは飲みたいな〜。)

副作用の症状

9日目になると、筋肉痛も関節痛はほとんどなくなり、全身がかなり楽になりました。
※前日に感じた胸部の強い痛みはいつの間にか消えていました。

相変わらず手先のしびれや指の骨のズキンズキンとうずくような痛みはピークのような感じでした。

※様々な痛みは、1回目の治療ではTC療法から9日目にはかなり消えていますが、治療回数を重ねるごとに消えるのに時間はかかるようになりました。

TC療法から9日目の症状としては、以下のようなものが現れていました。

  • 手先のしびれと痛み
  • 手の指に強い骨の痛み
  • 軽い倦怠感
  • 軽い筋肉痛
  • 軽い関節痛
  • 全身の軽い骨の痛み
  • わずかな味覚障害(味が薄く感じる)
  • 粘膜が弱い(便に血筋あり)

手の指のしびれと痛みについて
以下の記事の目次「2 副作用の症状」に詳細があります。

この時点でのしびれていた部分は、以下の通りでした。
親指・・・指先〜母指球(手首の付け根あたりまで)を含めた範囲
人差し指・・・指先〜指の付け根(第3関節)まで
中指・・・指先〜第2関節まで
薬指・・・指先〜第1関節まで
小指・・・指先(爪半分ぐらい)の領域のみ

味覚障害について
以下の記事の目次「2.1 抗がん剤の回数が増えると」に詳細があります。

粘膜が弱い(便に血筋あり)について
以下の記事に詳細があります。

1日の流れと副作用

time schedule

手がめちゃくちゃ痺れているし、指の骨もズキンズキンと強い痛みが走ってうまく眠れなかった(泣)

6:00
起床
排尿(尿量測定終了)
TC療法の抗がん剤は、腎臓で処理されるそうです。
そこで、腎臓の機能を調べるために、TC療法治療翌日の午前6時から8日後の午前6時まで排尿のたびに尿をカップにとり、それを計測器に移して尿量を測定するという流れを繰り返しました。副作用で体調が悪い中、なかなか大変でした^^;やっと終了〜!

6:30
うがい、歯磨き
※毎朝のうがいはアズノールで行いました。イソジンの使いすぎには気を付けました。

6:40
体重測定で38.4kg(だんだん体重が落ちていく→6回の治療で最終的に35.0kgまで落ちた)

6:50
37.1℃※37.5℃以上が要注意らしいので、免疫力が急に下がったのでは!?と少し焦りました。感染予防により一層力が入りました。

7:00
無添加の野菜ジュースを飲んだ

7:10
足の甲の痒みが強い→発疹のかゆみ止めのオイラックスクリーム10%を塗った(ステロイドは入っていないそうなので安心して塗りました。)

7:40
朝食(完食※汁やジャムは残した)

※入院中は病院食を食べていたため、この時期は食事療法を一時中断しています。
食事療法については、こちら↓で書いています。

8:40
歯磨き

11:00
シャワー
※感染を恐れてマスクを着用したまま髪を洗いましたが、シャワーで髪をすすぐ時にマスクに水が入ってきて口にへばりつき息ができなくなって大変苦しい思いをしました。主治医に確認したところ、お風呂は湿気も十分あり感染のリスクは低いとのことですので、いくら不安だからといってシャワーの際にマスク着用することは避けた方が良さそうです。ご注意ください。

11:30
足を清潔に。保湿クリームを塗った→発疹のかゆみ止めのオイラックスクリーム10%をかゆい部分に塗った

11:55
診察
「腹水はほとんど溜まらなくなってきた」と言われて、腹水を抜く処置はありませんでした。
抗がん剤ががんをうまく抑え始めたのかもしれないと思い、ほっとしました。

12:20
昼食(お米半分、おかず完食)

13:20
体温:36.9℃

13:30
歯磨き

15:00
体温:37.1℃
※腹水が溜まっていないのに、なぜ微熱があるんだろう……。もしかして、やっぱり感染しているのかな。とさらに焦りました。

16:05
体温:37.1℃

16:10
無添加のにんじんジュース+りんごジュースを飲んだ

17:10
体温:36.9℃

18:00
夕食(お米半分、おかず完食)

19:30
歯磨き

20:00
発疹のかゆみ止めのオイラックスクリーム10%を塗った
※ステロイドが入っていないそうなので、主治医に確認して痒みの強い足の甲だけでなく、赤い発疹が特にたくさんある足の付け根部分にも塗ることにしました。

発疹は日が経つとともに消えていったので、ご安心ください。
TC療法の副作用で時々私と同じように赤い発疹の症状が現れる人がいるようです。詳細は、以下の記事の目次「1.1 めずらしい副作用」に記載がございます。

20:05
体温:36.9℃

21:00
消灯

TC療法10日目の様子はこちら↓です。

まとめ

TC療法から9日目は、腹水は溜まらなくなったことで抗がん剤の効果が現れているかもしれないと安心する反面、好中球(白血球)が最も下がっていることとのことで、37.1℃の熱が出て怖くなり繰り返し検温を行いました。手のしびれや痛みは相変わらず大きく、一喜一憂する時間が多い1日となりました。もう少し気持ちを安定させられるようになりたいなぁ〜。明日の採血でいよいよ退院なるか!?

-入院と手術
-, , ,

Copyright© がん&食事の体験記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.